赤ヘル黄金期の名将、古葉竹識

0
     古葉竹識(こば・たけし)
    1936年生まれ
    広島カープ/広島東洋カープ(1958〜1969)、南海ホークス(1970〜1971)
    1999年野球殿堂入り


    選手時代のエピソードで知っているのはただひとつ、1963年に長嶋茂雄と熾烈な首位打者争いをしたということ。しかし残り13試合でアゴに死球を受けアゴの骨が真っ二つ。2厘差で首位打者を逃すが、この年唯一のベストナインに選ばれる。
    古葉竹識といえば、誰でも選手の印象より広島監督としての実績が思い浮かぶだろう。’75年開幕早々ルーツ監督の退団の後を受けると、その年球団創設初優勝。その後も’85年までにリーグ優勝4回、日本一3回という実績。V9巨人以降の野球界を「赤ヘル」が盛り上げた。
    ベンチ内でバットケースから半分だけ顔を覗かせ、静かな表情でグラウンドを見つめる古葉監督が印象的に残っているのは、私だけではないでしょう。


    選手時代の地味な印象があったので、古葉が写っているものを見つけるのは苦労しました。そして見つけたのはこの一枚。’60年当時のメンコ、アンカット・シート。
    左上から(印刷表記まま)、村山投手(阪神)/ローガン内野手(南海)/尾崎投手(東映)/広瀬内野手(南海)/長島内野手(巨人)/吉田内野手(阪神)/本屋敷内野手(阪急)/古葉内野手(広島)/中西内野手(西鉄)/王内野手(巨人)/ブルーム内野手(阪急)/稲尾投手(西鉄)/豊田内野手(国鉄)/森永外野手(広島)/稲川投手(大洋)/白捕手(東映)


    というわけで、明日4月22日は古葉竹識75歳の誕生日であります。

    「早稲田の黒バット」南村侑広

    0
      南村侑広(みなみむら・ゆうこう)。西日本(1950年)巨人(1951~’57年)。
      1917年生まれ、1990年没(73歳)。


      早稲田大学時代「黒バットの南村」と呼ばれ2度の首位打者に。プロ入りは西日本パイレーツだったが翌年球団消滅。巨人がどさくさに紛れて西日本の選手だった南村を獲得(大雑把に言うと)。王貞治の前の背番号1を背負うことに。
      私がこの南村の名前を始めて見た古い雑誌には、表記が旧名の「南村不可止(ふかし)」となっていた。「不可止」、「ふかし」変った名前の人だと思った。’54年に侑広に改名したらしい。この「不可止」って名前、どんな思いが込められていたんだろう。

      巨人移籍当時のB5サイズほどの大型ブロマイド。それにしてもスリムな体形だ。これじゃ王貞治が入団発表の時に南村に借りたユニフォームが合わなかったわけだ


      紅梅キャラメルのオマケカード。これを集めて色々な景品が当る懸賞に応募できたらしい。そして、サインは紛れもなく「南村不可止」!


      というわけで、昨日4月17日は1917年に南村侑広が生まれた日でありました。

      選手、監督として生涯タイガース、金田正泰

      0
        金田正泰(かねだ・まさやす)。阪神軍ー大阪(1942~’44年、’46年〜’57年)。
        1920年生まれ、1982年没(72歳)。


        選手として16年、指導者として7年間タイガースに在籍。まさにフランチャイズ・プレイヤー。
        現役時代は主に1番などを打った左打ちの外野手。私の記憶は阪神監督の金田。’72年には村山実投手兼監督のサポートでヘッドコーチになるが、開幕1ヶ月も経たないうちに成績不振で村山が投手専念、金田が監督となる。よく覚えているのは巨人V9の’73年、阪神が残り2試合でマジック1という状況から、最後は巨人にボロ敗けし優勝をさらわれた。試合終了後は暴徒と化した観客が巨人ベンチを襲い、事態を沈めるために金田が観客に「こんな結果になり申し訳ない」と謝る場面も。
        権藤正利に「サルでもタバコ吸うんだ」と言って殴られたり、江夏豊に「金田の下では野球をやりたくない」と堂々と宣言されたり、トラブルの多い監督というのが私の金田に対するイメージです。


        カード・ゲームの一枚。おそらく2個のサイコロの出目で遊んだものだと思う。この時代はこういうカード・ゲームが多数刷られている。それにしても立派なマユゲ。


        この濃紺のユニフォームはやはりカッコいい。昨年阪神はこのユニフォームを復活させたが、金本がパンツの裾を長くしたいつものスタイルで着ていて幻滅。半袖の学らんでプレーしているかのような着こなしは最悪でした。その後、忠告されたのかストッキングを見せるスタイルに変り一件落着。今年もこのユニフォームを見てみたいもんである。
        あれ? この写真はマユゲ細いな

        丸メンコ2種。右の写真は右打ちだし、顔も違うような、写真間違えてるよね?



        というわけで、今日4月16日は金田が’49年の南海戦でサイクルヒットを記録した日であります。

        プロ野球混乱期、ロビンスの捕手・荒川昇治

        0
          荒川昇治(あらかわ・しょうじ)。太陽ー大陽ー松竹(1947~’51年)大洋ー大洋松竹ー洋松(1952〜’54年)毎日(1955年)。
          1924年生まれ。1997年没(72歳)。


          はっきり言います。どのような選手かは知りません。ただ、この帽子の「R」マーク、かっこいいです。
          プロ野球が2リーグに分裂後のセ・リーグ初代王者になった松竹ロビンス。オーナーは田村駒治郎、その愛称「駒」から「駒鳥」の英訳「ロビン」と命名したらしいが、この名前は響きもタイポとしての見た目も非常に良いので、横浜ベイスターズにはこのニックネーム、ぜひ復活させて欲しい。「横浜ロビンス」ん〜、ノスタルジック。まあ、こんなゴタゴタだらけの縁起の悪い名前は忘れたいだろうが。

          やっぱり「Robins」は良い名前です。右のはプロテクターが時代を感じさせます。


          荒川は捕手だが、このカルタの絵札はどう見ても二塁手がゲッツーのフォースプレーに入ったとこにしか見えんが、写真間違えてないかな? 「ロビンスの荒川発止と球をうけ」


          というわけで、今日がどういった日かと申しますと、昔ロビンスという球団がありまして、そこの捕手・荒川昇治が1924年4月15日に生まれた日でした。

          「逆シングルの白石」白石勝巳

          0
            白石勝己(しらいし・かつみ)。巨人(1936〜’43年)パシフィック(1946年)巨人(1948〜’49年)広島(1950〜’56年)。
            1918年生まれ。2000年没(82歳)。1985年野球殿堂入り。


            「逆シングル」といえばこの人。この「逆シングル」は生まれつき右目が弱かったための捕球方法だと読んだことがあるが本当だろうか? 巨人第一次黄金時代の遊撃手として活躍後、広島カープの創設に参加、1953年にはカープ二代目の監督となり11年間も弱小球団の指揮をとった。
            私にとっての白石勝巳は、何といっても「王シフト」を考案した監督というイメージ。
            そして、今調べていたら失策数がプロ野球史上ダントツの646と出ていた。現役時代を知らないだけに、「逆シングルの名手」とこの失策数とは因果関係は気になる。


            カードゲームのアンカット。3段目いちばん左が白石。藤本、別所、川上、千葉、青田など、そうそうたる顔ぶれ

            また派手に着色しちゃったブロマイド。もちろんこんな色の巨人のユニフォームは存在しない。えび茶のアンダーシャツの時もあったが、それは白石が広島に移った後の’50年。おそらくこのアンダーシャツは白で、帽子のひさしは紺だと思われる

            そして、同じ写真を使ったと思われるこのカルタの絵札のアンダーシャツは紺に。もっと不可解なのはパンツが水色に…。「慎重に白石ベンチのサインうけ」


            というわけで、明日4月15日は白石勝巳が1918年に生まれた日であります。

            座右の銘は「何苦楚(なにくそ)」怪童・中西太

            0
              中西太。1933年生まれ。西鉄ライオンズ(1952~’69年)。
              1999年野球殿堂入り。

               

              高松第一高等学校当時から豪快なバッティングで「怪童」と呼ばれた中西。ファイトあふれる三塁守備と走塁も特徴で、そのプレースタイルのため前歯は3本折損していた。
              引退後の指導者としての評価も高く、教え子の田口(オリックス)、岩村(楽天)の座右の銘「何苦楚」は受け継がれている。

              同じ写真を使ったメンコ。右のピンクのバックの一品はユニフォームの色も完全に無視した斬新なデザイン


              右の写真の左手人差し指のサポーターが気になる。裏面を見ると5.7尺、24貫。ガッチリ体形ですね、よくわからんけど

              というわけで、本日4月11日は1933年に中西太が生まれた日であります。

              20勝して新人王に選ばれなかったルーキー梶本隆夫

              0
                梶本隆夫。阪急ブレーブス(1954~'73年)。
                2006年9月23日没(71歳)。2007年野球殿堂入り。


                1954年、阪急のルーキー梶本隆夫は55試合に登板し20勝12敗の好成績。もちろん新人王かと思いきや南海の宅和本司は26勝9敗、防御率1.58という驚異的成績で新人王はそちらに。その後も20勝以上を3回記録するが、いずれもタイトルは獲れなかった。さらに15連敗という記録や200勝する前に200敗したり、通算成績254勝もしているのに255敗もしてひとつ負け越しと、同僚の米田哲也と比べると地味な印象の名投手。そして私の記憶では地味な阪急の監督。


                モノクロだが、この紺に白の縦縞のユニフォームは1951〜’54年に使用していたデザイン。
                ということは、これは’54年のルーキーシーズンの写真で、いわゆるルーキーカード


                左下の大洋・桑田のユニフォームは1960年からのもの。梶本の阪急のユニフォームは’59年までのもので、おそらく’60年頃に刷られたスタンカも入ったアンカット・シート


                ヒゲの落書きがあしらわれた一品。イメージ通りのヒゲです。
                右はメンコの裏面。メートルは「米」でキロは「K」。そして「地雷」

                というわけで、本日4月8日は無冠の大投手、梶本隆夫が1935年に生まれた日であります。

                衣笠以前の鉄人はこの人。仏の徳さん。

                0
                  飯田徳治。南海ホークス(1947~1956年)ー国鉄スワローズ(1957~1963年)
                  1981年に野球殿堂入り。2000年6月19日没(76歳)

                  打率3割を超えたシーズンが4回、40盗塁以上が6回、ベストナイン5回、ワンバウンド捕球に長けた名一塁手。だったらしい。私が生まれる前年に引退しているので、もちろん現役時代を見たことはない。
                  私が飯田徳治の名前をよく聞いたのは1980年のこと。8月4日に衣笠祥雄(広島)が飯田の持っていた1246試合連続出場の日本記録を抜いた頃だった。

                  ボロボロだが、まだ若い頃の徳さん

                  今で言うところのDie-cutカード。ヌキ型のこの2枚はなかなかリアルなイラストで
                  特に右のは良く似てらっしゃる

                  右のメンコには似せようという気概がまったく感じられません
                  もしや、描いた人も飯田徳治を見たことなかったか?!

                  ということで、本日4月6日は1924年(大正13年)飯田徳治が生まれた日であります。


                  長嶋茂雄の第一歩

                  0

                    今から53年前の昭和33年(1958年)4月5日、長嶋茂雄が巨人軍のユニフォームに身を包みプロ野球選手としてのスタートを切った。結果はご存知の通り、国鉄スワローズ・金田正一投手相手に4打席4三振。


                    このスーパースターの出現はメンコの世界にも大きな影響を与えたようです。これまでメンコの図柄は主にイラストで、写真はブロマイドとして売られていたのですが、長嶋デビューと同時にモノクロ写真に色を着けたメンコが主流になっていったんですね。
                    やはり当時の子ども達はイラストより写真で、長嶋茂雄をより身近に感じたかったんだろうね。テレビの普及も大きな一因だったのかな。

                    私が野球コレクションを分類する場合、長嶋デビュー以前、長嶋現役時代、長嶋引退後と3時代に分けるんだけど、野球関連の商品はこのそれぞれの時代で明確な違いがあって非常に面白いんです。
                    長嶋以前のモノは本当にレトロ感満載で、ここが私のコレクションのメインです。
                    長嶋現役時代は王貞治など多くのスターが登場し、テレビ時代に突入したこともあり、数多くの商品やノベルティが作られた。野球モノ黄金時代ですね。
                    そして、長嶋引退後のモノにはあまり興味が湧かないんだよね。何でだろ? 王貞治ファンで9歳の私にとって、長嶋引退はあまり影響無いように思うのですが、昭和50年の長嶋監督就任と同時に巨人のユニフォームが変わったのは大きかった。私の中のノスタルジーは昭和49年までなんです。



                    こんな感じで本日から始めたこのブログ。今後もコレクションの中から、その日に因んだ野球モノを紹介していきたいと思います。
                    なるべく毎日更新を目指したいと…。
                    なるべく、ですよ。


                    calendar

                    S M T W T F S
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    30      
                    << April 2017 >>
                     

                    twitter

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • 【野球のゲーム1】古〜いコリントゲーム
                      mayama
                    • 「早稲田の黒バット」南村侑広
                      たかおみ
                    • 「リポビタンD」初代キャラクター、エンディ宮本
                      一人静
                    • 【野球のかるた】新野球かるた その3
                      管理人
                    • 【野球のかるた】新野球かるた その3
                      和朗亭ハタ坊
                    • 走れ! 赤手袋 柴田勲
                      ベクトル松田
                    • 巨人軍史上最高の遊撃手? 平井三郎
                      idetaaa
                    • 巨人軍史上最高の遊撃手? 平井三郎
                      アキ
                    • 【野球のかるた】鈴木出版野球かるた・その3
                      idetaaa
                    • 【野球のかるた】鈴木出版野球かるた・その3
                      トンボユニオンズ

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM