“球界の紳士”別当薫

0
     
    別当薫(べっとう・かおる)
    1920年生まれ
    大阪タイガース(1948~’49年)/毎日オリオンズ(’50~’57年)
    1988年野球殿堂入り
    1999年没(78歳)





    当時の別当薫の人気ぶりは、メンコ、ブロマイドとして印刷されたその種類の多さを見ればよくわかる。おそらく川上、大下と並んで、このメンコ、ブロマイドの世界では横綱クラス。
    東京六大学、慶応大のスターとして活躍し、1947年に大阪(阪神)入団。1年目から打ちまくり、打率.328と首位打者に手が届くところまでいったがケガで離脱。2年目となる翌’49年にも.322、39本塁打、126打点の活躍。129得点は最多だった。
    ところが、このオフの2リーグ分裂騒動で毎日に引き抜かれ移籍。それでも別当のバットは益々冴え、移籍初年度の成績は打率.335、43本塁打、105打点で本塁打、打点の二冠王、加えて34盗塁で球界初の「3割・30本・30盗塁」を記録。パ・リーグ初代MVPに輝いた。
    現役生活は10年と短かったが、監督としては監督代行、選手兼任も含め19年、毎日/大毎 - 近鉄 - 大洋 - 広島 - 大洋で指揮をとった。しかし、通算1000勝以上の監督で優勝を経験していないのは別当ただ一人とペナントには縁がなかった。

    私が記憶している別当は、大洋監督時代に田代富雄を育てたことと、「HOYAバリラックスII」のCMで微笑む細面の紳士としての別当。スポーツ刈りか角刈りの強面球界人が多い中、とても元プロ野球選手とは思えないその雰囲気に、「やっぱり慶応ボーイは違うな」と知ったような口を叩いたもんである。



    モノクロ写真に着色したブロマイド。気になるのはベルト。このバックルはやけにオシャレすぎやしないかい?



    斜め後からの別当ふたつ。



    この別当は美少年。たいがい老けた顔で描かれている中で、この一枚は希少。



    水原との共演。しかし、名前が書いてなければ誰かはまったくわからないほど似ていない。水原の方が10歳年上だが、この別当の貫録っぷり。さすが“球界の紳士”。


    というわけで、本日8月23日は1920年に別当薫が生まれた日でありました。


    エースとして、監督として巨人を支えた藤田元司

    0
      藤田元司(ふじた・もとし)

      1931年生まれ
      読売ジャイアンツ(1957〜’64年)
      1996年野球殿堂入り
      2006年没(74歳)


       

      「非運のエース」と呼ばれた藤田元司。
      六大学野球のスター選手として活躍した慶応大時代は通算31勝を挙げるも優勝は1年春の1回だけ。
      日本石油を経て巨人に入ってからも、一年目から17勝、24勝、24勝と大活躍するが、日本シリーズでは勝ちに結びつかず、1958年の日本シリーズでは6試合に登板し防御率1.09にもかかわらず1勝2敗。翌’59年には3試合連続で先発したが2敗、相手のエース南海・杉浦忠は4連投4連勝だった。

      そんな藤田も’81年長嶋茂雄監督の解任を受けて巨人の監督になると、王貞治助監督、牧野茂ヘッドコーチと「トロイカ体制」で日本一に輝く。そして’88年、今度は王監督が解任されると監督に復帰。またも就任一年目で日本一に。
      かつて「非運のエース」と呼ばれた男は、2度にわたって監督として巨人の大ピンチを救った。



      満面の笑みの藤田。そして、後にはノムさん(野村克也)があしらわれた極上品。
      しかし、ノムさんはこういう扱われ方が多いな。



      こちらも笑顔の素敵な「非運のエース」。アナゴさんじゃないよ。



      これまた素晴らしい! 阪神・遠井吾郎とのセット。
      「非運のエース」と「仏のゴローちゃん」との共演です。


      というわけで、藤田元司のメンコをご紹介いたしました。

      先週のことですが……8月7日は藤田が1931年に生まれた日でした。

      「投げる精密機械」小山正明

      0
         小山正明(こやま・まさあき)
        1934年生まれ
        大阪タイガース ー 阪神タイガース(1953〜’63年)/東京オリオンズ ー ロッテオリオンズ(’64〜’72年)/大洋ホエールズ(’73年)
        2001年野球殿堂入り



        歴代3位の320勝、290完投は歴代5位、バツグンの制球力で「投げる精密機械」と呼ばれた小山正明。
        1953年阪神入団から11年で176勝、4度の20勝以上と大黒柱として村山実とともに支えていたが、’63年強打者が欲しい阪神と、エースが欲しい大毎との間で小山と山内一弘の「世紀の大トレード」が成立。
        しかし、狭い東京球場に移っても投球は冴え渡り、移籍初年度から30勝、20勝、20勝と3年連続20勝以上と大活躍、オリオンズでの9年間でも140勝を挙げた。



        モノクロ写真に着色したメンコ。あー、阪神の帽子とストッキングが赤くなっちゃってます……。



        こちらはアンダーシャツが赤くなっちゃってるよ〜。まあ、「せっかく色着けるんだからちょっと色味が欲しいよね」っていう制作側の気持ちもわからんではないが。



        やっぱりユニフォームの色は現実に近い方が落ち着くね。


        というわけで、昨日7月28日は小山正明76歳の誕生日でした。


        華麗な守備の“今牛若丸” 吉田義男

        0
          吉田義男(よしだ・よしお)
          1933年生まれ
          大阪タイガース - 阪神タイガース(1953〜’69年)
          ’92年野球殿堂入り



          現役時代は俊足・巧打・好守のショートとして16年間タイガースのレギュラーを張った。
          その華麗な守備についたあだ名は“今牛若丸”!
          そして、阪神監督としては1985年にバース、掛布、岡田を擁し21年ぶりの優勝! よっ! よっさん!
          さらに、’90年〜’95年まではフランス代表の監督! よっ! ムッシュ!



          この2枚は同じ写真を使ったメンコ。それにしても若い頃のよっさんは少年野球の選手だな、こりゃ。167cm(公称)もないんじゃないかな?



          そして、このアンカットに含まれている左の2枚、共に長嶋との共演であるが、上のは完全に小学生だよね? かっわいいなぁ〜。よっさん。

          というわけで、昨日7月26日は吉田義男78歳の誕生日でした。おめでとうございます。

          あれ?! オレの母親と生年月日同じなんだ! ムッシュ!

          “和製ヨギ・ベラ”土井垣武

          0
             土井垣武(どいがき・たけし)
            1921年生まれ
            大阪タイガース-阪神軍-大阪タイガース(1940〜’42年、’46~’49年)/毎日オリオンズ(’50〜’53年)/東映フライヤーズ(’54~’55年)/阪急ブレーブス(’56~’58年)
            1999年没(77歳)



            3番・別当薫、4番・藤村富美男、そして5番にこの土井垣。1940年代後半、大阪タイガースの“ダイナマイト打線”を担った捕手であります。
            ’47年から大阪、毎日で6年連続ベストナインという戦後を代表する捕手のひとり。

            捕手・土井垣というと、マンガ「ドカベン」の土井垣将を思い浮かべる人も多いかと思いますが、この土井垣武がモデルなのか? 風貌はあまりにも違うが……。



            このショットはなかなか良いですよねぇ。何テイクくらいやったのでしょう? はね上げたマスクの位置が絶妙です。後の“チョコレートクリーム”の看板も気にかかる。なかなかイカしたタイポグラフィーであります



            ダイカットの土井垣メンコ。裏面のイラスト、滑り込んでタッチしているのはベースなのか? ちっちゃいが



            これは土井垣の勇ましさがよく表現された一枚。グッドデザインであります



            こ、こ、これは“ドカベン”山田太郎か? はたまたノムさんか?! ミットが無駄にでかい


            というわけで、本日7月1日は1921年に土井垣武が生まれた日でありました。

            なんか地味なメンコしかないんだよなぁ、ノムさん。 野村克也

            0
               野村克也(のむら・かつや)
              1935年生まれ
              南海ホークス(1954~’77年)/ロッテオリオンズ(’78年)/西武ライオンズ(’79~’80年)
              1989年野球殿堂入り



              通算試合出場数歴代1位、しかもポジションは過酷な捕手! 通算安打歴代2位(1位は張本勲)、本塁打、打点、塁打数も歴代2位(1位はいずれも王貞治)。素晴らしい成績を収めた球史に残る名選手でありながら、現役時代の人気はあまり実力と比例していなかったような……。
              もちろん引退後の監督、解説者としての人気は周知のとおりですが。


              巨人・藤尾捕手とのツーショット。なぜかノムさんの部分だけ皺くちゃ。当時の持ち主のノムさんに対する愛着の無さがそうさせたのか……



              大きく顔がデザインされた杉浦忠投手の前で、小さく必死に走っているのはノムさんでは? う〜ん、ノムさんに見えるが、どうだろう? 違うかなぁ?



              もうちょっとカッコいい構えはできないもんだろうか。ノムさんが子供たちに人気があったら、キャッチャーをやりたいっていう昭和の少年たちももうちょっといただろうに……。う〜ん、冴えない。

              そんなわけで、昨日6月29日は野村克也76歳の誕生日でした。

              アメリカ人で唯一人の殿堂入り 与那嶺要

              0
                 与那嶺要(よなみね・かなめ)
                1925年生まれ
                読売ジャイアンツ(1951~’60年)/中日ドラゴンズ(’61〜’62年)
                1994年野球殿堂入り
                2011年没(85歳)



                “ウォーリー”与那嶺は、アメリカ仕込みの激しいスライディング、アメフト出身選手らしい捕手へのタックルなど、当時はおとなしい野球をしていた日本プロ野球に新風を吹き込んだ。
                主に1番打者としてMVP 1回、首位打者3回、ベストナイン7回と大活躍し、巨人の第2期黄金時代を川上、千葉、青田らと担った。
                ホームスチール11回という恐ろしい記録を持つ。



                メガネをかけて優しそうに見える与那嶺だが、敵対していた川上哲治のことになると非常に熱くなったようだ。1974年、中日の監督として川上率いる巨人のV10を阻んだときは「とうとう哲をやっつけたよ!」と大はしゃぎだったとか。
                敵対の原因は川上が監督就任と同時に巨人を解雇されたことのようです。
                私たち世代には中日監督時代、片言の日本語でインタビューに答えるやさしい“ウォーリー”が印象に残が、結構執念深い人だったんですね。
                「チックショ〜! 哲のヤロ〜!」


                同じ写真を使用して違った雰囲気に仕上げた2枚。左のピンクのバックは与那嶺の雰囲気によく似合う

                今年の2月28日に惜しくも亡くなられた“ウォーリー”ですが、3月11日の震災で延期になっていたお別れの会も5月27日に行われ、多くの球界関係者が分かれを惜しんでおりました。

                というわけで、ちょっと遅くなりましたが、6月24日は1925年に与那嶺要が生まれた日でした。

                「喝っ!」今やすっかりご意見番 張本勲

                0
                   張本勲(はりもと・いさお)
                  1940年生まれ
                  東映フライヤーズー日拓ホームフライヤーズー日本ハムファイターズ(1959~’75年)/読売ジャイアンツ(’76~’79年)/ロッテオリオンズ(’80~’81年)
                  1990年野球殿堂入り



                  日本プロ野球界で最も多くのヒットを打った選手で、その数3085本! 
                  通算3000本以上打った唯一の選手であります。


                  それにしても張本のジャイアンツ移籍が決まった時は驚きましたねぇ。
                  昨年までパ・リーグを代表する強打者が王さんとクリーンアップを組む! 
                  どうなっちゃうんだジャイアンツ! 夢のような打線じゃないですか!
                  日本代表チームじゃないっすか! ショートは河埜だけど。
                  当時5年生だった王さん信者の私は興奮を抑えられんかったです。そりゃあ、ずっと優勝していた贔屓球団が昨年はまさかの最下位だったんですからね。
                  そして見事に前年最下位からの優勝、OH砲が炸裂した1976年でした。あっぱれ!!



                  入団1年目に115本のヒットを放ち、13本の本塁打。同い年の巨人・王貞治が苦戦していたのとは対照的に見事新人王。2年目に初の3割以上、3年目には首位打者と10代から大活躍のハリさんでした



                  このユニフォームは’60年までのデザインであることから、新人の年か2年目のハリさんと思われる。「高校時代、広島に残っていたらヤクザになっていたと思う」と本人が語ってたとおり、10代ですでに凄みがみなぎる面構え


                  というわけで、昨日6月19日は張本勲72歳の誕生日でありました。

                  巨人・阪神両球団で中心選手 呉昌征

                  0
                     呉昌征(ご・しょうせい)
                    1916年生まれ
                    東京巨人軍(1937~’43年)/阪神軍ー大阪タイガース(’44年、’46〜’49年)/毎日オリオンズ(’50~’57年)
                    1987年没(70歳)
                    1995年野球殿堂入り



                    巨人、阪神両球団で主力として活躍した選手は小林繁投手くらいしか思い浮かばないが、呉はその両球団で活躍した珍しい選手でありました。
                    1937年に巨人に入団し、’42年と’43年に連続首位打者。ただ’42年は.286という史上最低の首位打者打率である。
                    ’44年には阪神へ金銭トレードされ、その年盗塁王。’46年には投手不足ということで27試合に登板し、見事14勝!

                    私が記憶している呉昌征は、巨人ー阪神OB戦でゲストとして実況席に座っていた姿。おそらくその日フィールドにも立っていたと思うのですが、残念なことにその記憶は残っていません。父親に呉の選手時代の話しを聞いたのもそのときだったような。



                    表記は「毎日」ですが、写真は阪神時代の丸メンコ

                    というわけで、昨日6月16日は1946年に本職は外野手の呉昌征(阪神)が、対セネタース戦に登板し、見事ノーヒットノーランを記録した日でありました。

                    “鉄腕”稲尾和久

                    0
                       稲尾和久(いなお・かずひさ)
                      1937年生まれ
                      西鉄ライオンズ(1956~’69年)
                      1993年野球殿堂入り
                      2007年没(70歳)



                      西鉄黄金期のエース・稲尾和久。
                      無名で入団するが、1年目に21勝6敗、防御率1.06で最優秀防御率と新人王獲得。
                      1958年の対巨人の日本シリーズでは7試合のうち6試合に登板、4完投! 3連敗から4連勝での日本一に、地元新聞は「神様、仏様、稲尾様」と讃えた。
                      稲尾の“鉄腕”ぶりを’61年のシーズン記録で振り返ると、登板数78試合、25完投、42勝、404イニング登板! 凄すぎます。



                      胸の「FUKUOKA」の文字が赤になっておりますが、これはモノクロ写真に着色したもの。実際は黒であります



                      この後でフルスイングしてる選手は誰? このカットはいらんよな



                      バットを持った稲尾。’58年の対巨人日本シリーズ第5戦では、4回からリリーフ登板し史上初のサヨナラホームランを放っている。打撃も豪快な“鉄腕”であった


                      というわけで、本日6月10日は1937年に稲尾和久が生まれた日であります。


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                       

                      twitter

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 【野球のゲーム1】古〜いコリントゲーム
                        mayama
                      • 「早稲田の黒バット」南村侑広
                        たかおみ
                      • 「リポビタンD」初代キャラクター、エンディ宮本
                        一人静
                      • 【野球のかるた】新野球かるた その3
                        管理人
                      • 【野球のかるた】新野球かるた その3
                        和朗亭ハタ坊
                      • 走れ! 赤手袋 柴田勲
                        ベクトル松田
                      • 巨人軍史上最高の遊撃手? 平井三郎
                        idetaaa
                      • 巨人軍史上最高の遊撃手? 平井三郎
                        アキ
                      • 【野球のかるた】鈴木出版野球かるた・その3
                        idetaaa
                      • 【野球のかるた】鈴木出版野球かるた・その3
                        トンボユニオンズ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM