王貞治から三振を。阪神のエース・江夏豊

0
     江夏豊(えなつ・ゆたか)
    1948年生まれ
    阪神タイガース(1967~’75年)/南海ホークス(’76~’77年)/広島東洋カープ(’78~’80年)/日本ハムファイターズ(’81~’83年)/西武ライオンズ’84年)




    1960年代後半から’70年代前半の阪神のエースといえばこの人、江夏豊。
    阪神時代に最多勝2回、最優秀防御率1回、沢村賞1回、20勝以上が4回で最高は2年目の’68年の25勝。この年の完投は26試合! そして’68年の401奪三振(現在もダントツの最高記録)を含め、6年連続の奪三振王。
    圧倒的な阪神のエースだった江夏だが、監督とソリが合わなかったり、血行障害や心臓疾患、また太り過ぎなどで成績が下降、’76年ついに南海へトレード。
    ここから南海ー広島ー日ハムと続くリリーフ・エースとしての第二幕が始まる。広島時代は2度の優勝に貢献し、’79年の近鉄との日本シリーズは「江夏の21球」で知られる名場面をつくった。
    西武退団後の’85年に36歳でメジャー挑戦、開幕メジャー登録直前までいったが、願いは叶わなかった。
    江夏が二十代でメジャー挑戦していたら……、レジー・ジャクソンやピート・ローズ、ウイリー・スタージャルなんかからバッタバッタと三振を奪う江夏も見てみたかったな、っと空想してみたり。私の子どもの頃の江夏は、そんな夢を抱かせるエースでした。


    「阪神のエースというよりセ・リーグの主戦投手といってよい江夏投手」と讃えている’73年のカルビープロ野球カード


    う〜ん、なんとも江夏らしいポーズ。さすが「ケンカは本職顔負け」と言われた男、他のプロ野球選手とはまた違ったオーラを漂わせております


    「いまでいう母子家庭」と江夏の育てられた環境を紹介


    このカード発行の翌’74年に王貞治から本塁打王を奪取する田淵もまだスマートです

    というわけで、昨日5月15日は江夏豊63歳の誕生日でありました。


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 日本チーム『東京ドラゴンズ』を率いて南米に乗り込んだ男 森徹
      louboutin shoes
    • 巨人・阪神両球団で中心選手 呉昌征
      louboutin shoes
    • 【ボビンヘッド その17】ウィリー・メイズ
      fitflop sale
    • “初代18歳の4番打者”土井正博
      kd shoes
    • 「それを作れば、彼が来る」”シューレス”ジョーのフィギュア
      salomon shoes
    • 1960年代前半の外国人選手メンコ(その2)
      nike air max 90
    • ミサイル打線の締めはこの人、葛城隆雄
      yeezy boost 350
    • 「投げる精密機械」小山正明
      kate spade
    • エースとして、監督として巨人を支えた藤田元司
      jordan 11
    • ミスタータイガース 藤村富美男
      jordan 11

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM