【野球のかるた】新野球かるた その2

0


    本日も昨日に引き続き1949~’50年発行『新野球かるた』をご紹介。



    「二-三(ツウスリー) 黒尾苦心の ピッチング」
    黒尾重明はこれが作られた1949年まで東急フライヤーズ、翌’50年からは近鉄パールズに所属した投手。読み札の「苦心のピッチング」は成績を見れば想像がつきます。現役10年間で勝ち越したシーズンは3回あるが、19勝18敗(’47年)、19勝18敗(’48年)、14勝11敗(’53年)といずれも負け数が多く、2勝2敗、3勝3敗とタイの年があり、あとの5年間は負け越し、通算でも99勝121敗と100勝まであとひとつまで迫ったが、最終年は無勝利に終った。在籍した球団が10年間すべてBクラスで4度の最下位と、弱小だったのは不幸であった。



    「柚木投げて 南海ナイン 奮いたち」
    1948年に南海ホークスに入団した柚木進投手はルーキーイヤーの19勝11敗を皮切りに、入団から7年連続二桁勝利。9年の現役生活で6度の優勝に貢献した。ただ19勝したシーズンが4度あるのに、とうとう20勝には届かなかった。通算123勝64敗。



    「ノンステップ サード手塚の 好送球」
    手塚明治はこの年新人で、巨人の控え三塁手だった。翌’50年にはレギュラーとなるが、’51年から’53年まではまた控え三塁手、’54年には再び三塁のレギュラーを奪取。大洋ホエールズに移籍した’55年には自身最多の123試合に出場した。巨人の三塁手は長嶋登場の’58年まではちょっと地味なポジションでありました。

    ってことで、続きはまた明日。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【野球のゲーム1】古〜いコリントゲーム
      mayama
    • 「早稲田の黒バット」南村侑広
      たかおみ
    • 「リポビタンD」初代キャラクター、エンディ宮本
      一人静
    • 【野球のかるた】新野球かるた その3
      管理人
    • 【野球のかるた】新野球かるた その3
      和朗亭ハタ坊
    • 走れ! 赤手袋 柴田勲
      ベクトル松田
    • 巨人軍史上最高の遊撃手? 平井三郎
      idetaaa
    • 巨人軍史上最高の遊撃手? 平井三郎
      アキ
    • 【野球のかるた】鈴木出版野球かるた・その3
      idetaaa
    • 【野球のかるた】鈴木出版野球かるた・その3
      トンボユニオンズ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM