「庄」と書いて「あつし」と読む。通称は「しょう」の堀内庄

0
     堀内庄(ほりうち・あつし)
    1935年生まれ
    読売ジャイアンツ(1954~’63年)
    2010年没(75歳)



    松商学園高校時代は2年の春・夏、3年の夏と3度出場。さすが春・夏合わせて50回の最多出場校、松商! しかし3度とも初戦敗退。ここんとこも松商らしい。

    巨人入団3年目の1956年には14勝4敗の.857で最高勝率のタイトル獲得。’56から’58の3年連続2桁勝利、巨人の5連覇に主力投手として貢献した。当時の巨人主力投手陣は堀内庄の他、大友工、別所毅彦、藤田元司など。

    ’78年にはヤクルトスワローズの投手コーチとして、球団史上初優勝するが、シーズン終盤の練習中に顔面に打球を受け、優勝決定時にはベンチにはいなかったという不運のコーチ。
    このときのヤクルトの首脳陣は広岡達朗・監督、森昌彦・バッテリーコーチ、堀内庄・投手コーチと、巨人の頭脳が集まっていた。




    堀内庄は2年目の’55年から「背番号10」を背負っていたが、巨人の「10」というと強打者のイメージが強い。主な「背番号10」を遡ってみると、阿部 慎之助(2001〜)ー 広沢克(1997〜’99)ー 吉岡雄二(’94〜’96)ー 駒田徳広(’88〜’93)ー 加藤英司(’86)ー クルーズ(’83)ー ホワイト(’80〜’82)ー 張本勲(’76〜’79)ー 阿野鉱二(’71〜’75)ー 高倉照幸(’67〜’68)というかんじ。
    しかし、堀内庄の他にも「背番号10」の投手は宮本洋二郎(’65〜’66)、田中章(’69〜’70)の二人いて、宮本は巨人時代2年間で2勝2敗で広島へトレード、田中は2年間で4勝3敗で西鉄ライオンズへトレード。やはり野手が付けた方が良さそうである。



    なかなか迫力のあるメンコであるが、前でバット構えてるオッサンは誰ですか? ジャイアンツでもないみたいですが。

    というわけで、10月5日は堀内庄が1935年に生まれた日、そして10月27日は昨2010年に75歳で他界した日でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM