’50年代、巨人5連覇に貢献した強打の捕手 藤尾茂

0
     藤尾茂(ふじお・しげる)
    1934年生まれ
    読売ジャイアンツ(1953〜’65年)



    1953年に鳴尾高校から巨人入りした藤尾は、入団一年目から捕手として一軍ベンチ入り、’56年にはレギュラー捕手に定着し主に5番を打った。’59年には森昌彦の台頭で、外野手としての出場が多くなるが、’61年にはまた捕手に戻った。しかし、以降は森の控え捕手という立場に甘んじた。
    最高成績は、打率は’58年の.283、本塁打は’60年の15本、打点は’59年に挙げた70打点となかなかの強打ぶり。さらに捕手としては俊足で、二桁盗塁は3シーズンあり通算でも67個の盗塁を記録している。
    ビルマで戦死した巨人軍歴代最高の捕手といわれた吉原正嘉をダブらせて「吉原二世」と呼ばれたそうだが、私の知っている選手でいうと’80年代中日で活躍した中尾孝義が、記録から察するに似たタイプだったのかな。



    あれっ? なんか左手の親指がミットに収まってないように見えるんだが……。右手は突き指しないよう、しっかり閉じてます。今のキャッチャーは背中の後に隠すけどね。



    これは版ズレが酷い……。しかも顔のど真ん中にキズが。男前が台無しです。

    というわけで、本日10月28日は藤尾茂77歳の誕生日です。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM