【ボビンヘッド その17】ウィリー・メイズ

0
    ウィリー・メイズ(Willie Mays)
    1931年生まれ
    ニューヨーク・ジャイアンツ - サンフランシスコ・ジャイアンツ(1951〜’52年、’54〜’72年)/ニューヨーク・メッツ('72〜’73年)
    1979年アメリカ野球殿堂入り



    本日は"1961-62 Caricatures Baseball"シリーズからウィリー・メイズのボビン・ヘッドをご紹介。
    このメイズには肌の色で「Dark」と「Light」が存在するのですが、こちらはおそらく「Light」。肌ツヤよろし!



    通算660本塁打、1951年新人王、ゴールドグラブ賞12回、本塁打王4回、盗塁王4回の万能プレイヤー。オールスターにも20年連続出場し、ヤンキースのマントルと並び’50~’60年代のメジャーを代表する外野手。というか、歴代ベストナインに必ず入ってくる選手です。



    メイズには今も語り継がれるひとつのプレーがある。
    ’54年の対クリーブランド・インディアンスとのワールドシリーズ第1戦、2対2で迎えた8回表ノーアウト一、二塁でインディアンス・ワーツの放った大飛球はセンターを守るメイズの遥か後方へ。
    この試合が行われたジャイアンツの本拠地ポロ・グラウンズは、元々ポロ競技用に作られたもので野球をやるにはあまりにイビツ。センターのフェンスまではなんと147.2メートルもある。
    メイズは振り向くことなく落下点まで全速力で走りに走り、向こう向きで肩越しに捕球するや、素早く反転して内野に送球。ジャイアンツの絶体絶命のピンチを救った。結局この試合をサヨナラ勝ちでものにしたジャイアンツが、劣勢との下馬評を覆し4戦全勝でワールドチャンピオンに輝いた。
    このプレーは捕球の瞬間が写真に収められていたこともあり、50年以上経った今でも「ザ・キャッチ」と呼ばれ語り継がれている。



    というわけで、本日は1961〜’62年に発売された"1961-62 Caricatures Baseball"シリーズの中でウィリー・メイズをご紹介しました。
    このシリーズには、もう一種類ロベルト・クレメンテがあるのだが、生産数が少なく、オークションでたまに目にしても、ちょっと手を出しづらい高額で取引されています。もちろん持っていません。残念。いつかは……。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 日本チーム『東京ドラゴンズ』を率いて南米に乗り込んだ男 森徹
      louboutin shoes
    • 巨人・阪神両球団で中心選手 呉昌征
      louboutin shoes
    • 【ボビンヘッド その17】ウィリー・メイズ
      fitflop sale
    • “初代18歳の4番打者”土井正博
      kd shoes
    • 「それを作れば、彼が来る」”シューレス”ジョーのフィギュア
      salomon shoes
    • 1960年代前半の外国人選手メンコ(その2)
      nike air max 90
    • ミサイル打線の締めはこの人、葛城隆雄
      yeezy boost 350
    • 「投げる精密機械」小山正明
      kate spade
    • エースとして、監督として巨人を支えた藤田元司
      jordan 11
    • ミスタータイガース 藤村富美男
      jordan 11

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM