【ボビンヘッド その15】ミッキー・マントル

0
    ミッキー・マントル(Mickey Mantle)
    1931年生まれ
    ニューヨーク・ヤンキース(1951〜’68年)
    1974年アメリカ野球殿堂入り
    1995年没(63歳)

     

    本日は"1961-62 Caricatures Baseball"シリーズからミッキー・マントルのボビン・ヘッドをご紹介。
    う〜ん、イイ顔してます!



    ミッキー・マントルといえば、ベースボールものコレクターの間ではベーブ・ルース、ジョー・ディマジオと並んで最も人気のある選手。
    私もマントルものを見つけると心躍るコレクターのひとりで、これは渋谷のバックドロップが2階でスポーツ・メモラビリアを販売していた頃に、「売り物ではない」と言われた店長の私物のボビン・ヘッドを必死に拝み倒して売ってもらった一品。
    状態も良く、最も気に入っているコレクションのひとつ。



    マントルはヤンキースひと筋の1950〜’60年代を代表するスラッガー。
    通算536本の本塁打を放っているが、’53年4月17日グリフィス・スタジアムでの対ワシントン・セネタース戦で放った本塁打は驚愕の一本。スタンドの遥か上空を越え場外へと飛んだ打球は、巻尺で距離を測ったところ、なんと172メートル! 正式に測られた本塁打としては現在でもメジャー記録。この本塁打は「テープメジャー・ショット」として語り継がれている。
    しかし、これは落下してから転がった距離も含まれているとの説もあり、’63年5月22日対アスレチックス戦でヤンキースタジアムのライト最上部の鉄傘に当った本塁打の方が飛んでいたとも言われている。本人もこちらヤンキースタジアムでの本塁打の方を「野球人生で最も強烈な打球だった」と語ってる。



    というわけで、本日は1961〜’62年に発売された"1961-62 Caricatures Baseball"シリーズの中でミッキー・マントルをご紹介しました。
    あと2種類ありますので、順次掲載していきます。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 日本チーム『東京ドラゴンズ』を率いて南米に乗り込んだ男 森徹
      louboutin shoes
    • 巨人・阪神両球団で中心選手 呉昌征
      louboutin shoes
    • 【ボビンヘッド その17】ウィリー・メイズ
      fitflop sale
    • “初代18歳の4番打者”土井正博
      kd shoes
    • 「それを作れば、彼が来る」”シューレス”ジョーのフィギュア
      salomon shoes
    • 1960年代前半の外国人選手メンコ(その2)
      nike air max 90
    • ミサイル打線の締めはこの人、葛城隆雄
      yeezy boost 350
    • 「投げる精密機械」小山正明
      kate spade
    • エースとして、監督として巨人を支えた藤田元司
      jordan 11
    • ミスタータイガース 藤村富美男
      jordan 11

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM