「投げる精密機械」小山正明

0
     小山正明(こやま・まさあき)
    1934年生まれ
    大阪タイガース ー 阪神タイガース(1953〜’63年)/東京オリオンズ ー ロッテオリオンズ(’64〜’72年)/大洋ホエールズ(’73年)
    2001年野球殿堂入り



    歴代3位の320勝、290完投は歴代5位、バツグンの制球力で「投げる精密機械」と呼ばれた小山正明。
    1953年阪神入団から11年で176勝、4度の20勝以上と大黒柱として村山実とともに支えていたが、’63年強打者が欲しい阪神と、エースが欲しい大毎との間で小山と山内一弘の「世紀の大トレード」が成立。
    しかし、狭い東京球場に移っても投球は冴え渡り、移籍初年度から30勝、20勝、20勝と3年連続20勝以上と大活躍、オリオンズでの9年間でも140勝を挙げた。



    モノクロ写真に着色したメンコ。あー、阪神の帽子とストッキングが赤くなっちゃってます……。



    こちらはアンダーシャツが赤くなっちゃってるよ〜。まあ、「せっかく色着けるんだからちょっと色味が欲しいよね」っていう制作側の気持ちもわからんではないが。



    やっぱりユニフォームの色は現実に近い方が落ち着くね。


    というわけで、昨日7月28日は小山正明76歳の誕生日でした。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM