昭和23年製、大下弘の大顔面

0
     

    日本プロ野球は、ファイターズがあっさりと日本シリーズ進出を決め、セ・リーグは本日が決戦の日。
    MLBナショナル・リーグも明日の第7戦で決着と、野球はこれからクライマックスを迎えようとしております。

    そんなさ中、この野球コレクションブログ「野球狂スタヂアム」、こっそりと久々の更新であります。

    今回ご紹介するのは、1948(昭和23)年製の野球選手のお面、紙製であります。
    これはおそらく、どの選手が入っているかわからないよう紙袋に入った状態で、駄菓子屋で売られていたものではないかと。

    1948年といいますと、太陽ロビンスが“点を取る”という縁起を担いで大陽ロビンスに名前を変え、東急と大映が合併して急映フライヤーズが誕生したり、金星スターズと国民リーグの生き残りの大塚アスレチックスが合併し、金星の林直明が73球で完投してみせたり、急映の大下弘は禁止されている竹バットを使って罰金100円取られちゃたり、人気者の阪神新人・別当薫は盗塁の際の足首骨折で7月以降のシーズンを棒に降ったり、阪神・梶岡忠義と大陽・
    真田重蔵がノーヒッターを達成したりしたシーズンで、南海がグレートリング時代以来の優勝を飾り、オフには南海の別所毅彦が巨人に引き抜かれ、大映は東急と別れ金星とくっつき「大映スターズ」が誕生した。そんな年であります。


    この時代を象徴する人気選手といえばこの人、大下弘。





    西沢道夫といえば中日の中心選手として長年活躍したスタープレイヤーでありますが、1946〜'48年まではゴールドスター/金星でプレーしておりました。





    戦前、明治大で活躍した杉浦清は戦地から戻った後、1946年に中部日本(後の中日)に入団したが、このとき既に32歳。
    7月からはなんと新人にして監督兼任。しかし、これは選手たちの反発を買い、'49年からは選手一本に。
    それにしても、このお面、目を抜くとちょっと不気味である。





    戦前から阪神タイガースで活躍していた本堂保次は、この'48年は大洋ロビンス(表記は前年までの「太陽」になってるな)に在籍。翌'49年は阪神に復帰し、’50年から引退する’58年までは毎日オリオンズに在籍、主には二塁手でありましたが、投手以外の全ポジションで出場するというユーティリティ・プレイヤーだったそうな。
    それにしても、この本堂の顔。やはり目が抜かれちゃってると怖すぎるよ〜。


    そんなわけで、これからまたぼちぼちと野球モノを紹介していきたいと思います。

    セ・リーグの最終決戦は、間もなくプレイボールです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【野球のゲーム1】古〜いコリントゲーム
      mayama
    • 「早稲田の黒バット」南村侑広
      たかおみ
    • 「リポビタンD」初代キャラクター、エンディ宮本
      一人静
    • 【野球のかるた】新野球かるた その3
      管理人
    • 【野球のかるた】新野球かるた その3
      和朗亭ハタ坊
    • 走れ! 赤手袋 柴田勲
      ベクトル松田
    • 巨人軍史上最高の遊撃手? 平井三郎
      idetaaa
    • 巨人軍史上最高の遊撃手? 平井三郎
      アキ
    • 【野球のかるた】鈴木出版野球かるた・その3
      idetaaa
    • 【野球のかるた】鈴木出版野球かるた・その3
      トンボユニオンズ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM