華麗な遊撃手から「管理野球」で名監督に 広岡達朗

0


    広岡達朗(ひろおか・たつろう)
    1932年生まれ
    読売ジャイアンツ(1954〜'66年)
    1992年野球殿堂入り



    早稲田大学で六大学野球のスターとして活躍、巨人入団1年目の1954年からショートのレギュラーになり、打率.314でこの年新人王。華麗な守備で鳴らしたが、同時代の阪神に“牛若丸”と呼ばれた吉田義男がいたため、ベストナインを獲得したのは1回だけだった。吉田は9回ベストナインに選ばれている。



    広岡が、より存在感を示すのは指導者となってから。広島、ヤクルトでコーチを経験した後、'76年からヤクルトスワローズ監督に。初年度こそ5位に沈んだが、翌年は2位、そして3年目の'78年にはついにヤクルトを初優勝に導く。しかし、翌'79年には球団と対立し辞任、成績も最下位となった。
    ’82年から西武ライオンズの監督に就任すると、徹底した管理野球で就任1年目で日本一。翌'83年もペナントを制すると、古巣巨人との日本シリーズで死闘を演じた末勝利し、連続日本一に輝いた。


    西鉄・稲尾和久とのツー・ショット。
    初めて日本シリーズでの顔合わせは'56年の第2戦の二回裏、セカンドゴロに倒れている。その後も'57、'58、'63年に対戦し、対戦成績は44打数11安打(.250)。広岡の生涯打率.240を考えるとまずまずか。本塁打も1本打ってるし。



    '58年に長嶋茂雄が入団し、三遊間コンビを組むことに。広岡へのゴロを長嶋がカットして華麗に刺すプレーに巨人ファンは痺れたが、堅実な広岡がいたからこそ長嶋の大胆なプレーが成立したのではないだろうか。



    さあ、問題のツーショット!
    犬猿の仲と言われたこの二人、この頃はまだ関係良好だったのだろうか? 広岡の笑顔が引きつっているように見えるが。
    後に確執は解消されているようで、ひと安心。

    というわけで、本日2月9日は広岡達朗80歳の誕生日です。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM