座右の銘は「何苦楚(なにくそ)」怪童・中西太

0
    中西太。1933年生まれ。西鉄ライオンズ(1952~’69年)。
    1999年野球殿堂入り。

     

    高松第一高等学校当時から豪快なバッティングで「怪童」と呼ばれた中西。ファイトあふれる三塁守備と走塁も特徴で、そのプレースタイルのため前歯は3本折損していた。
    引退後の指導者としての評価も高く、教え子の田口(オリックス)、岩村(楽天)の座右の銘「何苦楚」は受け継がれている。

    同じ写真を使ったメンコ。右のピンクのバックの一品はユニフォームの色も完全に無視した斬新なデザイン


    右の写真の左手人差し指のサポーターが気になる。裏面を見ると5.7尺、24貫。ガッチリ体形ですね、よくわからんけど

    というわけで、本日4月11日は1933年に中西太が生まれた日であります。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM