監督就任発表の4日後に急死…… 蔭山和夫

0
     蔭山和夫(かげやま・かずお)
    1927年生まれ
    南海ホークス(1950〜'59年)
    1965年没(38歳)



    1950年、早稲田大から南海ホークスに入団した蔭山は、1年目から二塁手、三塁手、遊撃手として全試合出場。
    翌'51年には三塁手として全試合出場し、打率三割を超え(.315)、レギュラー2年目だったがリーグ結成間もないことから特例として新人王獲得。
    この年9月28日の対近鉄戦で、1試合3三塁打の日本タイ記録。またこの試合17塁打のパ・リーグ記録を達成。17塁打とは本塁打4本で16塁打であるから、いかに凄いことか。
    しかし、蔭山は翌日の対阪急戦の第1打席でも三塁打を放ち、前日から3打席連続三塁打の日本記録も達成した。



    蔭山が新人王を獲得した'51年の南海内野陣は「100万ドルの内野陣」と呼ばれ、打順でいうと、1番(三)蔭山、2番(遊)木塚忠助、3番(一)飯田徳治、4番(二)山本一人。蔭山、木塚の1、2番コンビは’50年に蔭山25、木塚78盗塁(盗塁王)。'51年は蔭山42、木塚55盗塁(盗塁王)とよく走った。



    '59年に引退した後は、ホークスのヘッドコーチとして鶴岡(山本)監督を支えた。
    そして'65年、シーズンをぶっちぎりで制したホークスだったが、日本シリーズで巨人に1勝4敗と惨敗。この責任をとるかたちで勇退した鶴岡に替わり、蔭山の監督就任が11月13日に発表された。
    その4日後の17日早朝、なんと「急性副腎皮質機能不全」で蔭山が急死。サンケイと東京オリオンズに監督として誘われ悩んでいた鶴岡は、蔭山急死の3日後にホークスへの監督復帰を決めた。
    蔭山は38歳という若さだった。



    守備の写真のメンコが多い蔭山和夫。まったく顔が見えませんが、「南海 蔭山内野手」と書かれているんで、これもおそらく蔭山和夫です。


    というわけで、1月最後の日になってしまいましたが、今月16日は1927年に蔭山和夫が生まれた日でありました。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM