甲子園史上最高の打者“坂崎大明神” 坂崎 一彦

0


    坂崎 一彦(さかざき かずひこ)
    1938年生まれ
    読売ジャイアンツ(1956〜’64年)/東映フライヤーズ(’65〜’67)



    浪華商業高校時代の坂崎を甲子園史上最高の打者に挙げる人も多いという。
    「ケンカ八郎」こと山本八郎と共に出場した1955年のセンバツでは、15打数9安打2本塁打8敬遠。あまりの打棒に“坂崎大明神”と新聞に書かれ、決勝の相手となった桐生高校監督の稲川東一郎は、エース今泉喜一郎に坂崎への全打席敬遠を命じたという。しかし、今泉投手は坂崎の第3打席にプライドをかけ勝負に出た。結果は逆転2ラン本塁打。その後同点で迎えた延長11回、浪華商は坂崎敬遠後に山本が繋ぎ、最後はスクイズで優勝を決めた。



    巨人入団後はなかなか結果が出なかったが、3年目の'58年にオールスター出場、'59にはリーグ4位の打率.284でベストナインに選ばれた。この年、長嶋茂雄のサヨナラホームランで有名な天覧試合で、王貞治とともに本塁打を放っている。




    というわけで、先週1月14日は坂崎一彦74歳の誕生日でした。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM