ミサイル打線の締めはこの人、葛城隆雄

0
     葛城隆雄(かつらぎ・たかお)
    1936年生まれ
    毎日オリオンズ ー 大毎オリオンズ(1955〜’63年)/中日ドラゴンズ(’64〜’69年)/阪神タイガース(’70年)



    打点王2回、最多安打2回、ベストナイン2回、オールスターゲーム出場は5回、現役16年で通算1745安打、174本塁打、860打点。
    高卒新人ながら1年目から34試合に出場し、2年目の1956年にはショートのレギュラーに定着し、毎日、大毎で主に遊撃手、三塁手として活躍した。
    ’57年8月27日、対南海戦ではサイクル安打も記録している



    ’58、’59年と2年連続で打点王を獲得している葛城でありますが、’58年のタイトル争いは熾烈でありました。最終戦の最終打席を迎えたところで中西太(西鉄)とタイの87打点。もちろんこの時点でタイトルの獲得は決まっていたのですが、この最終打席に葛城はなんと本塁打を放ったのであります。ガックリしたのは首位打者と本塁打のタイトル獲得を既に決めていた中西、戦後初の三冠王がこの1球で幻と消えたのでありました。


    このメンコ、あ、あ、足が……。ちょ、ちょっと〜! 心霊写真みたいになってるんですけど〜!

    「ミサイル打線」の初代は2リーグ分裂時に発足した毎日オリオンズが阪神から主力選手を引き抜き構成されたものでした。呉、別当、三宅、土井垣、本堂らのラインナップで、パ・リーグ初代王者に。その後徐々にメンバーは替わり、’50年代後半になると2番・田宮、3番・榎本、4番山内、5番・葛城の強力「ミサイル打線」が完成。この打線で’60年には10年ぶりにパ・リーグを制しました。


    というわけで、遅ればせながらお報せいたしますと、12月21日は葛城隆雄74回目の誕生日でありました。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
     

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM